胡蝶蘭を送る際のポイントは札の有無

胡蝶蘭を送る際のポイントは札の有無を確認することになります。基本的に祝い事によって札の有無の選択が異なることもありますが、多くの祝い事には札を付けて胡蝶蘭を送るのが一般的です。例えば開店祝いにはお祝いの気持ちをその札に記載したり、送り主の名前などを記載したりすることが多いです。母の日においても普段の言えていない感謝の気持ちなどを札に記載して胡蝶蘭を送る人もいます。

胡蝶蘭札があることによって送り主、受け取る人はメリットを得ることができます。例えば送る方は自分をアピールすることができます。開店祝いとして札付きの胡蝶蘭を送ることでそのお店に来店した方がその札を見て名前を確認できるので、その札に会社名などを記載すれば会社の宣伝効果などを期待することができます。受け取る側はたくさんの札付きの胡蝶蘭をお店の中に設置することで来店したお客さまに対して社会でのお付き合いの広さなどを知ってもらうことができるので、信頼度を高められる可能性もあります。

母の日であれば札に感謝の気持ちを伝えることで今まで言えなかった気持ちを母親に伝えることができます。それを受け取った母親の中には感動してくれる人もいるでしょう。もし送る際には札の有無を確認してからプレゼントするようにしてみてはいかがでしょうか。