胡蝶蘭を送る際のポイントはマナーを把握すること

胡蝶蘭基本的に胡蝶蘭を送る際にはマナーを把握することが求められます。もしマナーを把握していなければ知らない間に相手に不快感を与えている可能性もあるからです。マナーの一つとして挙げられるのが送るタイミングになります。送るタイミングは祝い事によって異なりますが、基本的には祝い事の当日の午前中になります。しかし、当日の午前中は顧客の対応などに追われているところもあるので、忙しい時間帯を避けたい人は祝い事の前日までにお届けをする人もいます。

胡蝶蘭と聞くとお花の色は白をイメージされる方も多いですが、実際には紅色やピンクなど様々なお花の色があります。胡蝶蘭を送る時、お花の色を迷われた方は白を選択する人が多いです。白はラッピング次第ではどのような場面にも活用できるので、白を選択して失礼にあたるケースは少なくなっています

予算を考えることもマナーの一つです。基本的に予算はお付き合いの深さで変化するとされています。例えばあまり付き合いが少ないにもかかわらず、とても高価な胡蝶蘭を送ると受け取った方の中には遠慮される人も少なくありません。逆に安すぎるものを選択すると不快感を抱く方もいるので、もし予算に困った時は一つ上のランクのものを選択するようにしましょう。